草刈りの歴史|庭を綺麗に仕上げる|砂利で一括アレンジ術

庭を綺麗に仕上げる|砂利で一括アレンジ術

レディ

草刈りの歴史

芝刈り

草刈機は刃の種類で異なる使用感

草刈機は刃に種類があります。ナイロンカッターが近年増えています。そして草刈機にも種類があり、手動式にナイロンカッターを使用する場合は刃は2000円から5000円です。半自動タイプや自動タイプは3000円から7000円です。差し込み式は4000円ぐらいです。次に金属刃を使用する草刈機があります。刃の種類も色々あり、約700円から高くて5000円ぐらいです。金属刃でチップソーというものがあります。もっとも使用されている刃で価格は3000円から5000円です。草刈機本体も充電式やガソリン式など色々あります。充電式は安いもので約20000円で高いもので約70000円です。ガソリン式も似た価格帯で販売されています。性能によって価格が変化する傾向にあります。

時代関係なく常に必要なため機械化

草刈機は戦後に進駐軍によってもたらされたのがきっかけです。昭和30年頃に2サイクルエンジンを搭載した刈払機が販売されました。次に肩掛けの草刈機が開発されて肩にかけて便利なため普及しました。今は他にも種類が多くなり用途や頻度によって選べることができます。今は4サイクルエンジン搭載草刈機がでたため燃費効率が良いためそちらがよく使用されています。昔は岩に当たり岩の欠片で怪我をしたり発火の恐れがありました。刃がナイロン製の草刈機が登場すると安全性が高くなり女性でも扱えるようになりました。一度使用すると家電を購入し直すように草刈機も購入してはまた新製品へ購入するように変化しました。機能性は草刈機は表面を切るためすぐに草が生えてくるようです。用途に応じた使い分けが必要です。